行ったことのあるスタジアム<近畿地方>

無料ブログはココログ

横浜FC

2019年8月19日 (月)

明治安田生命 J2リーグ 第28節 FC琉球 vs 横浜FC

DAZN観戦。


まず、西河翔吾って琉球にいたのね。
知りませんでした。


一失点は、防げたと思う。
あのシーンだけ、緩い空気が流れていた。


CKからパスをつないで、コロスケ得意のミドルの先制点。
まるでロベカルのような、シュート回転でポストの外から
巻き込むようなゴラッソ!


失点後、すぐにイバの前からのプレスをきっかけにコロスケがボール奪取

前へ仕掛けて、前方でラインの裏めがけて
走り出していた松尾くんにスールパスを通すと
スピードをさらに上げて、かつ飛び出してきた琉球GKの動きを冷静に見切って
ループシュートを決めて1-2。

前半終了間際には、左サイド武田から楔のパスをうけた松尾くんが
スペースをついてドリブルしつつ、ミドルレンジで浮いた中山へパスすると
ワントラップして落ち着いてミドルシュートをゴール右上隅へ突き刺し1-3。


後半は、暑さもあり
また移籍してきた小野伸二に少し見せ場を作らせるものの
きっちり締めて勝ち点3。

これで今節2位に浮上した大宮と勝ち点4差の4位。


ここ10試合で8勝2分のハイペースで勝ち点を積み上げているが
柏は、その上を行く10連勝。

まだまだ、突っ走るしかありません。

頑張れ、横浜。


2019年8月15日 (木)

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 3回戦 (横浜F・マリノス)

Img_1060
横浜ダービー、でもお互い控え組中心。


Img_1068
横浜は、直前のリーグ水戸戦から先発全員ターンオーバー。
マリは、コパでフル代表に招集されてゴールもあげて
今日海外移籍前提の退団が発表された三好や扇原などの
名の知れた選手も先発だが、他は良く知らないメンバー。


Img_1069
台風の影響で、充分水含みだと思うけど散水するの?


Img_1072
よくわからない政党が議席取ったため、話題のNHKが共催。

でも、99年最後、山本アナの実況は良かった・・・

いまでは、F・マリノスのFの意味を分からないサポも多いようですがね。

Img_1080
思い切って大内君に経験積ませるのもありだったと思う。
自分としては、辻への信頼感は高くない。

一失点目は、防いでほしかった。

Img_1091
最近のゴール裏は、以前よりは雰囲気がだいぶ良くなった。
⇒と思ったら、またやらかしたのか、見苦しい人間はサポじゃない。
 永久出禁等の厳しい対処すべき。


普段のリーグ戦でも、この雰囲気を作らないといけないのに。


Img_1098
Img_1099
月と、俊輔のCKが重なる。


Img_1105
リーグ戦途中出場から3試合、フル出場した俊輔。

少しづつ状態は上がっているようです。
視野の広さとパスの精度(特に浮き球のパス)はさすが。


62分まで引っ張られた自虐タイムが終わり、
コウキが登場すると、ようやく試合が始まり
早速、コウキのボール保持からのスルーパスに
完璧なタイミングで裏を取ったコロスケのゴールで一点差。


さらにイバ、健吾を投入して攻めにかかるも
いかんせん自虐タイムが長すぎた。
ある意味、リーグ戦に集中するための予定調和だったかも。


いい加減、ぼろ雑巾のNo11は引退してください。
お願い申し上げます。



2019年8月11日 (日)

明治安田生命 J2リーグ 第27節 横浜FC vs 水戸ホーリーホック

Img_1028
個人的には、明日から夏休み。
午後半休で、三ッ沢へ。8連勝を見届けるため。


Img_1017
勝ち点44で並ぶ、J2で、そしてJFLからの長き
闘いの間柄。水戸からも多くのサポが来場。


Img_1024
Img_1041
目指すところは、2位以内での自動昇格。



Img_1043
神奈川区民デーに、 今シーズン2番目に多い
10,586人の入場者。


Img_1048
神奈川区のキャラ かめ太郎



Img_1057
90分間、上位対決にふさわしい
緊張感のあるインテンシティのたかい試合でした。

後半のイバのバーをたたいたシュート、その流れから
武田のクロスからコウキのヘッド。

追加タイムのセットプレーから中村俊輔のFKを
田代がヘッドもGK正面などの決定機もあったが


逆に、今日はあまり出来のよくなかったキャラのミスから
あわや無人のゴールにシュート・・・が枠をそれたシーンも
あり、ドローは妥当な結果だっだかも。


この勝ち点1を生かすには、沖縄での勝利しかない。

このまま無敗記録を続けるしかない、
頑張れ、横浜。

あと、天皇杯はもちろん参戦しますが
相手を気にせず、気楽にいこうかと思います。
大事なのはリーグ戦、おそらく普段出ていない選手が
出場するはず。

トッシーに期待!!


2019年8月 1日 (木)

明治安田生命 J2リーグ 第25節 横浜FC vs レノファ山口FC

Dsc_0005




Dsc_0010




Dscpdc_0003_burst20190731212623023_cover




Dsc_0013


 

2019年7月30日 (火)

明治安田生命 J2リーグ 第24節 ジェフユナイテッド千葉 vs 横浜FC

DAZN観戦


栃木戦でも触れた後半の得点比率の高さ


実況の人も話してましたが、この試合も


絵に描いたような逆転勝利。


これだけ逆転が多いシーズンも横浜史上でも


ないのかな?


5連勝しても、自動昇格圏内ま勝ち点差8は縮まらず。


3シーズンぶりの松井大輔の2ゴール。


とくに2点目のバイシクルは、ゴラッソだった。


そして無双が続くレアンドロの直接FKの3点目。


他方で前半の早い時間での失点は、防げたはず。


雄太のTwitterにもあったが、前半戦で失った勝ち点ゆえに


勝ち続けないと昇格は、届かない現状。


ミッドウィークのホーム山口戦。


勝つしか道は開けない。



2019年7月21日 (日)

明治安田生命 J2リーグ 第23節 横浜FC vs 栃木SC

Img_0921
4連勝がかかったホーム三ッ沢、栃木戦。
実は、6勝5分7敗と一つ負け越ししているし
前節、山口に逆転勝ちして気分いいをよくしているだろうから
やりにくい相手。


Img_0925
夏の移籍期間に広島より移籍してきた皆川 佑介。
イバのコンディション不良でいきなり先発出場。


Img_0926

Img_0931
一時、霞んでいたJ1昇格。
テキーラの呪縛は解けるのか?


Img_0935
夏に入り、レアンドロ無双の状態になり
希望の光が指してきつつあるなか、キックオフ。

謙介より、松井を重用する下平監督だが・・・

流れは悪くない中で
不用意なファウルでPK献上。


しかし、今シーズン全得点の75パーセント以上を
後半に決めている横浜。


完全にモードに入ったレアンドロのバーをかすめる
スーパーなFKで追いつくと

さらにコウキの狙いすましたインにかけたミドルが
綺麗な弧を描き、これまたバーをかすめてネットを揺らす!!


Img_0952
絵にかいてたような逆転勝利。
2得点とも皆川の受けたファウルとコウキへの完璧な落としで
得たもの。

チームのギアがどんどん上がってきた!!

Img_0957
皆川選手の個人チャントは、実はまだ・・・


ついにプレーオフ圏内が見えてきました。
AWAY千葉でも連勝を伸ばして、まずはプレーオフ圏内入りへ。


さらにその先へ、行こうぜ横浜!!




2019年7月14日 (日)

明治安田生命 J2リーグ 第22節 アルビレックス新潟 vs 横浜FC

DAZN観戦が続いています。


どちらかと言うと


というか、対戦成績はかなり分の悪いAWAY新潟戦。


ただ昨年新潟がJ2に帰還してからは、1勝2敗。


やっぱり分が・・・


しかし!!


帰ってきたコウキや、トッシーの前では


そんなの関係ね~、でしたね😃。



得点は、2点ともレアンドロのCKからですが、



それ以外にも、テンポよくパスが回るので


終始レアンドロもご機嫌でしたし、結果もご機嫌なものでした。



今シーズン初の勝率5割越え。



さらに上を目指そう!!



首位から5位までが勝ち点1差で後半スタート。


横浜は、勝ち点で8遅れてますので


とにかく勝ち続けよう!!!

 

2019年7月 7日 (日)

明治安田生命 J2リーグ 第21節 東京ヴェルディ vs 横浜FC

ここのところ土曜開催が多く、現地観戦できず😞


DAZN観戦


今シーズン何度目のトライかの


勝てば勝率5分のAWAYヴェルディ戦。



シュートへの寄せの甘さから先に失点。


しかし、前半の40分から後半の7分の15分あまりで


一気呵成に3得点、イバ、レアンドロ、そして田代の豪快ミドル!!!


その後、元横浜のナガタクのクロスのリフレクションを

エイコに叩き込まれたのは、反省点。
*得点の際、ガッツポーズもせず喜びを表さなかったエイコを見ると
 徳島にいった人とは違って、懐の深さを感じますね。


雄太もTwitterでコメントしてましたが、ようやくの5分と


今シーズン初の連勝で折り返し地点。


後半は、一点でも多くの勝ち点を積み重ねるところを見たい。





2019年6月30日 (日)

明治安田生命 J2リーグ 第20節 横浜FC vs ファジアーノ岡山

DAZN観戦。


謙介、レアンドロ、田代、健吾、そしてイバ。


昨年の主力が輝きを放つとこうなるんです。



下平監督!!


これにルーキーの中山、草野が加わってスタートするも


草野がファウル気味に倒された際に


モモ裏を痛めて、来期加入内定の松尾 佑介が


Jデビュー。


草野、中山のケガの状態は気がかりですが


5-1で完勝。


得失点差も今期初めてプラスの+2


まずは、今期なかなか突破できない勝率5割


ヴエルディとのAWAY戦で勝て!!

 

それにしても岡山の監督として


横浜の創成期を支えた、ハマのストライカー有馬賢二


その相棒だった功作が横浜のヘッドコーチ。


1999年のJFLでの思い出がよみがえりますね。


もう二度と愛するクラブは、なくさせない。


そんな想いから、今21シーズン目を戦う横浜。


感慨深いです。


2019年6月23日 (日)

明治安田生命 J2リーグ 第19節 水戸ホーリーホック vs 横浜FC

DAZN観戦。


実況と解説がウザ過ぎて途中で音声消して


映像のみで。


上位にいる水戸に押し込まれながらも


CKから草野がニアですらして、ループ気味にキーパーの手の先をこえて


GOOALLL。


しかし、水戸にCKから追いつかれて


さらに松井の軽率なプレーから黄紙✕2で退場。


その後は、4-4-1のブロックで守備に徹し


その中でも、イバに代わりファーストDFとしてチェイス役を担った瀬沼。


終了間際の 健吾 ⇒ 瀬沼 ⇒ 中山 で中山のクロスを瀬沼がヘッド。


このカウンターが決まっていれば最高でしたがね。


残念でした。


より以前の記事一覧