行ったことのあるスタジアム<近畿地方>

無料ブログはココログ

スタジアムガイド

2019年7月23日 (火)

味の素スタジアム

Dsc_2079


Dsc_2082



2019年7月16日 (火)

鴨川市陸上競技場

Img_0591

鴨川市陸上競技場

千葉県鴨川市太尾866-1

鴨川市公式サイトは、こちら


このスタジアムの〇

コンパクトながらも実用的な屋根

Img_0589

メインスタンド以外は、あまり高さのない土手による芝生席

Img_0542

メインスタンドの座席は、基本ベンチシートで
中央付近のみ、旧 国立競技場のシートが遺産として
移設されています。

Img_0541
このスタンドの屋根は、実用的なサイズでスタンド席の
8割がた雨を防ぐことのできるもの。

 


この5月の試合では、途中強いにわか雨となったが
濡れることはありませんでした。

Img_0546_20190715143501

 

Img_0568
かなりの豪雨ですが、ほとんどの人が雨をしのげています。


Jリーグを開催することは難しいが、なでしこ2部なら
十分な施設です。

 

 

2019年5月 1日 (水)

山梨中銀スタジアム

Dsc_2076

正式名称は、

山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場

であり、小瀬という呼び名のほうがしっくりくる。

Dsc_2097
AWAYゴール裏側に大型ビジョン。


Dsc_2100
現在のサイドスタンド(いわゆるゴール裏)は、かつては
高さのあまりない芝生席でした。

バックスタンドの上部は、改修により増築により
設置された部分。


Dsc_2114

国体開催仕様の陸上競技場の為、ピッチが遠い。

そのこともあり、球技場建設構想が具体化しているようです。

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

Dsc_2195
JFL時代、大塚製薬サッカー部だった時にも
車で神奈川から明石海峡大橋をこえて来場したことがあります。

当時はこのバックスタンドは、芝生席でした。

今は、大きな屋根のついたバックスタンドが新設されました。

Dsc_2196

Dsc_2199
メインスタンドも中央部分に既存の屋根が撤去されて
鉄骨の躯体による新たな屋根が設置。


Dsc_2207
前列まで十分に覆われた巨大な屋根。


Dsc_2210



Dsc_2219
大きなビジョン。
スマホのカメラでは、うまく写せませんでした。

肉眼で見ると、もっときれいです。

スタジアムの周辺には、大塚製薬の社員駐車場があり
J開催時には、利用できますが
早めに到着しないと満車になるようです。

この日は、キックオフ4時間くらい前には現地入りしました。


 

2019年4月30日 (火)

トランスコスモススタジアム長崎

正式名称は、

長崎県立総合運動公園陸上競技場

P1040692  
改修前(実質的には、建て替え)の旧競技場では、
横浜フリューゲルスも主催試合を開催。

横浜FCも、2001J2リーグ参戦初年度に

サガン鳥栖主催試合で0-3で鳥栖に快勝しています。


P1040709
メインスタンド


P1040710
バックスタンド


P1040713
大型ビジョン。AWAYゴール裏側のみ設置。

全周屋根付きで、陸上競技場としては
まずまずの環境ですが、やはりピッチは遠いですね。

ただ三ッ沢と違い雨でも快適に観戦できそうで
羨ましいです。

座席は、全席背もたれのあるタイプです。

P1040721  

JR諫早駅から徒歩20分程度。
場内の駐車場も事前予約にて駐車可能です。

この日は、徒歩5分くらいにある事前予約駐車場
akippaに止めました。

終了後の渋滞に巻き込まれないように
少し離れた場所にしました。


三協フロンテア柏スタジアム

Dsc_2303
久しぶりの日立台。

現在は、ネーミングライツにより

三協フロンテア柏スタジアム

と呼ばれています。

Img_0491
2012年の改修でホームサイドがメインスタンドからみて
右側へ変更されて高さのあるスタンドとなった。

大宮と似た雰囲気。

Img_0492
ピッチの近さは、フットボール専用ならでは。

バックスタンドは、以前と変わらず。


Img_0494
AWAYスタンドは、メインスタンドからみて左側で
かつては、ホーム側だった。

ビジョンもこちらに設置されているが、三ッ沢と比べても
小さめ。


Dsc_2307


Dsc_2308

柏駅から日立台までの「レイソルロード」

試合終了後は、住宅地の中の生活道路ですが
駅へ向かう人でいっぱいとなります。

クラブスタッフが、左側通行を呼び掛けていますが
幅員5,6メートルの歩道のない道。

おそらく住民の苦情があるのでしょうね。

なるべく左側通行に協力しましょう。

Dsc_2301
<おまけ>
緑ヶ丘交番前のレイ君銅像、こどもの日仕様。









2017年7月17日 (月)

駒沢オリンピック公園総合運動場 陸上競技場

Dsc_0247

2016年9月訪問。

1964年の東京オリンピックの会場として使用されてます。


当日は、なでしこ2部リーグ 
スフィーダ世田谷対横浜FCシーガルズを観戦。

有料試合でした。


公園には、約500台の駐車場がありますが
試合観戦ではない公園利用者も多く
満車の可能性もあります。

電車なら東急田園都市線「駒沢大学駅」下車
徒歩約15分程度です。

Dsc_0254

大きくはないが、ビジョンもあります。

旧国立競技場の小型版のようなスタンド。

Dsc_0250


バックスタンド後方の国立病院の存在により
照明がないため夜間の試合開催は不可。




Dsc_0253


メインスタンド上段にわずかながら屋根があります。
団扇のようなデザインで機能性は低そう

Dsc_0251

座席は全席個席に(いつの間にか)改修されました。
ビジョンもかつては電球式のモノ表示だった・・・

照明さえあれば、J1ライセンスいけるのかもしれませんね。


詳しくは、公式サイトにて。






2017年5月 2日 (火)

岐阜メモリアルセンター長良川競技場

2017年3月19日 訪問

Dsc_1219

スタジアムへの公式アクセスは、FC岐阜公式サイトが詳しいです。

Dsc_1191

Dsc_1201

スタグルも充実。

この日は、飛騨牛バーガーを頂きました

 

Dsc_1187

県営陸上競技場らしい大きめのメインスタンド。

AWAY側のバックスタンドに入場の為、

詳細は分かりませんが、屋根は雨を防ぐ機能としては

おそらく上段部分のみで、それ以外は日除けでは?



Dsc_1196

スタンドがピッチに対して弧を描くデザインは、

旧国立霞ヶ丘競技場とも通じる

陸上競技場として見易い部類。


Dsc_1197

大型のフルカラービジョン。


Dsc_1199

バックスタンドにも小型ながら屋根があり

雨除けとして有難い。

写真の通り、バックスタンドの座席はベンチシート。

クッション等あったほうがお尻痛くならないです。


Dsc_1200

AWAYサイドスタンドは、上部は芝生。

ピッチから遠いのは、陸上競技場の宿命

Dsc_1224

岐阜メモリアルセンターを見下ろす

金華山山頂の岐阜城。

ぎふ金華山ロープウェイで行けるみたいです。


新東名高速道路が全通すれば、神奈川からのアクセスも

よくなるでしょうね。

新東名は、AWAY観戦に行く際の高速のなかでも随一の

走りやすい道路で運転疲れも少ない道です。


2016年7月26日 (火)

ヤマハスタジアム

Dsc_0222

2014年3月訪問。

2013年にサイドスタンド(現:ホーム側)中心に改修が行われ
それ以前は、簡素なアウェイ側スタンドがありスペースも手狭だった。
この改修により上段部分が屋根付きの一層式スタンドとなり
ホームゴール裏スタンドとなった。

この方法は、日立台も同じですね。

Dsc_0223

自然の河岸段丘の傾斜を利用したバックスタンド。
入り口は、最上段にありピッチに向かって下りながら入場する
珍しい構造。

Dsc_0220

メインスタンドは、屋根付きだか前列は雨の降り方によっては
中段手前くらいは濡れそうな感じですね。

Dsc_0218

アウェイサイドからホームサイドスタンドを望む。

Dsc_0219_2

ジュビロが黄金時代だった90年代後半は、ホーム側だった
現アウェイサイドスタンド。

俯瞰できるちょうど良い高さです。ただしビジョンが見辛く
時間経過が分かりにくいのが難点(フクアリと同じ)。

Dsc_0221_2

スタジアム周辺に、試合観戦用の駐車場が用意されるので早くいける人は
車OKです。

ただしスタジアム周辺は、ファミレス等がなく
イオン系のスーパーを含むショッピングセンターがありますが
飲食店がなく、試合前や試合後に食事する場所はありません。

車以外のアクセス方法は、ジュビロ磐田公式で確認してください。


2016年6月21日 (火)

IAIスタジアム日本平

2016年6月12日訪問。

スタジアムへの公式アクセスは、清水エスパルス公式にて詳しいです。

が、正直離れた駐車場からシャトルバスだと面倒です。

この日は、開門時間(10:30)より1時間前くらい到着で
こちらの駐車場にお世話になりました。

東海テクノ株式会社

こちらから日本平までは、徒歩でおよそ15分程度
日本平は丘の上ですので、ひたすら上りですが
三ツ沢だと横浜市営地下鉄三ッ沢上町から上るイメージ。

清水サポさんが沢山いらっしゃいますので、それに習えば
迷うことはありません。

Dsc_1052


AWAY側サイドスタンド、手前側です。ホーム側より近いよ!
ただ待機列スペースが狭く、横浜サポ程度なら問題ありませんが

J2でも山雅さんとか、J1なら浦和さんとかだとどうなるんでしょうか?

Dsc_1054

メインスタンド裏側

Dsc_1053

ホーム側サイドスタンド

Dsc_1058

ホーム側サイドスタンド上には、かつて三ツ沢にもあった
パラパラ式ビジョン。三ツ沢同様、現在は使用されておらず
IAIさんの広告表示(固定または、ステッカー的に貼付?)。

Dsc_1057

メインスタンド、中央にわずかな屋根。

Dsc_1059

バックスタンドホーム側半分に、屋根とガラス張りVIP席。
一説では、地盤がゆるく残り部分は屋根がないという話を
以前ネットで見ましたが、事実か真偽は分かりません。

Dsc_1065

2007年3月から稼動しているフルカラービジョン・・・ですが
AWAYサイドスタンドからは、ほぼ見えません

スタグルは、バックスタンドやサイドスタンドに狭いながらも
なかなか充実しています。

人が多く、写真はありませんが、
この日食したのは
【鐘庵】*バックコンコース中央付近にあります。
桜えびしらす丼 800円(税込)

Dsc_1064

おいしかったです

今の状況なら、来年もいけるかな?