行ったことのあるスタジアム<近畿地方>

無料ブログはココログ

2019年9月17日 (火)

明治安田生命 J2リーグ 第32節 横浜FC vs 大宮アルディージャ

Img_1268


Img_1264


Img_1274


Img_1279




2019年9月16日 (月)

2019プレナスなでしこリーグ2部 第12節vs.ASハリマアルビオン

Img_1236
今シーズンのシーガルズ、開幕戦を勝利し
好スタート切ったのですが、
その後現在上位にいるチームとの力の差を感じる
敗戦もあり。まずは残留を確定させること。

大宮戦の先行入場後、陸上競技場へ。

髙橋美夕紀選手がペナ左サイドで切り返すと相手DFがたまらず
足を引っかけてPK判定。

Img_1243



Img_1244


Img_1245


Img_1246


Img_1247

きっちり決めて先制!

その後に、ミドルシュートを決められるも

後半終了間際に、再び美夕紀選手が左ペナ内へ侵入して
切り返しのフェイントからDFを外して
左足を振りぬいて、

ファーサイドのネットへ突き刺して勝ち越しゴーール⚽



Img_1251
このまま勝ち切って、勝ち点3をゲット。


Img_1261
このままの勢いを三ッ沢球技場へ
持ち込みたかったのですが・・・・






 

 

 

 

 

 

2019年9月 8日 (日)

明治安田生命 J2リーグ 第31節 横浜FC vs ヴァンフォーレ甲府

Img_1177
会社から業務終了後、開始直前にしか入場出来ないため
年パスのバックホーム自由ではなく、メイン指定で観戦。

ピッチをみて右側ブロックだったので、若干甲府サポが気になるが
最後に笑おうぜ!!

Img_1176
球技場だから映えるわけです。
あくまで陸上競技場の小瀬では、やってもきれいじゃないのよ。

Img_1181
南 雄太、個人的には今日のMVPです。
サンキュー!

Img_1187


えーっと、井上主審またですか?


甲府へ与えたPKは、ペナの外。

中山へのドグソの見て見ぬふり。

ドウドウの松井へのラフプレイは、黄色ではなく赤でしょ。

Img_1196


下平監督も言う通り、勝ったからいいけど・・・


いやよくありません。

Img_1202
このシーンは、いいシーンでしたね。

Img_1214

最後に笑うのは、横浜!!



2019年9月 2日 (月)

明治安田生命 J2リーグ 第30節 モンテディオ山形 vs 横浜FC

DAZN観戦。


試合終了時は、前半開始直後の中山シュート⇒俊輔が詰めたシーン
に始まり、山形を押し込み続け


これにより、山形の布陣を5-4-1のドン引き状態に変更させるほど。


その後も、後半にかけていくつか決定機を迎え、イバが決めてくればとか
皆川のヘッドもGKにフィスティングで防がれてしまい・・・


終了時点では、勝ち点2を失ったと思ったが


その後、速報をみると大宮が甲府に敗れ、京都も徳島に敗退と


Jリーグサイトの順位表を見ると


まさかの2位浮上!!

昨年は、得失点差に泣いたが
今の時点でリーグ最多得点が効いてます。

次のホーム三ッ沢での甲府戦、
大宮に勝って気分を上げている因縁の相手、甲府。

リーグには、まずまともな主審の割り当てをお願いします。😵



 

 

2019年8月26日 (月)

明治安田生命 J2リーグ 第29節 横浜FC vs 鹿児島ユナイテッドFC

仕事終了後

キックオフ30分前に、三ッ沢へ到着。


レドミは、久しぶりの先発&誕生日(おめでとう!!)で


かなり入れ込み気味でした。


下位に沈むJ2初参戦の鹿児島に対しても
自動昇格圏を目指す横浜にとって油断できない相手。
しかも前節逆転勝利で気をよくしているはず。


そんな中開始10分くらいまでは、
AWAYでも人数をかけて攻めてくる鹿児島に
2回の決定機を作られ、ポストと俊足を飛ばして
守備に帰った中山のクリアできわどく失点を防ぐと


高い位置どりの鹿児島GKのミスから中山がプレゼントボールを
受けて、左足で冷静に流し込み先制⚽!

さらにレアンドロがセンターでボールをうまくためて
右サイドを切り裂く中山に絶妙のパスを送ると
すかさず早いクロスを入れる。

中央でイバの飛び込みにGKは、前に出れずに抜けたボールを逆サイドから
松尾がワンタッチでゴーール⚽⚽!!


さらにさらに鹿児島のパスミスをイバがかっさらいショートカウンター発動
左サイドをえぐった松尾へパスを送り、その折り返しをフリーで
イバが、まさにズドーンで本日の3点目⚽⚽⚽


それでも前掛りの鹿児島にたいして南のミスパスから余計な失点。


後半にレドミが、鹿児島のブラジル人選手との小競り合いから黄紙
しかも累積4枚目。
嫌な雰囲気が流れそうになるも


イバとレドミの前からのプレスが鹿児島のミスを誘い
松井からのパスを受けて
覚醒の中山が、ニアにシュートを突き刺し4点目⚽⚽⚽⚽


プロのしるしの中、自陣から田代⇒レドミとつないで
前掛かりの最終ラインを見切ってイバへスルーパス

これをイバがきっちり決めて5点目⚽⚽⚽⚽⚽

これ以外にも6点目を決める機会があるも
俊輔を途中出場させるなどうまくメンバーを使って
Dsc_0043

5-1で圧勝!!

Dsc_0048
横浜なら手を叩こう!!


これで1引分・7連勝・1引分・2連勝の11戦負けなしも
柏は、これをも上回る11連勝😞


首位は、とびぬけてしまったが
大宮がAWAYで愛媛に1-5の大敗で
2位の京都と、ついに勝ち点1差まで来ました。

Dsc_0052
次節のAWAYべすぱでの山形戦からの上位との
3戦が、自動昇格へのステップ。

Wさいとうに期待しましょう!!!





2019年8月19日 (月)

明治安田生命 J2リーグ 第28節 FC琉球 vs 横浜FC

DAZN観戦。


まず、西河翔吾って琉球にいたのね。
知りませんでした。


一失点は、防げたと思う。
あのシーンだけ、緩い空気が流れていた。


CKからパスをつないで、コロスケ得意のミドルの先制点。
まるでロベカルのような、シュート回転でポストの外から
巻き込むようなゴラッソ!


失点後、すぐにイバの前からのプレスをきっかけにコロスケがボール奪取

前へ仕掛けて、前方でラインの裏めがけて
走り出していた松尾くんにスールパスを通すと
スピードをさらに上げて、かつ飛び出してきた琉球GKの動きを冷静に見切って
ループシュートを決めて1-2。

前半終了間際には、左サイド武田から楔のパスをうけた松尾くんが
スペースをついてドリブルしつつ、ミドルレンジで浮いた中山へパスすると
ワントラップして落ち着いてミドルシュートをゴール右上隅へ突き刺し1-3。


後半は、暑さもあり
また移籍してきた小野伸二に少し見せ場を作らせるものの
きっちり締めて勝ち点3。

これで今節2位に浮上した大宮と勝ち点4差の4位。


ここ10試合で8勝2分のハイペースで勝ち点を積み上げているが
柏は、その上を行く10連勝。

まだまだ、突っ走るしかありません。

頑張れ、横浜。


2019年8月15日 (木)

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 3回戦 (横浜F・マリノス)

Img_1060
横浜ダービー、でもお互い控え組中心。


Img_1068
横浜は、直前のリーグ水戸戦から先発全員ターンオーバー。
マリは、コパでフル代表に招集されてゴールもあげて
今日海外移籍前提の退団が発表された三好や扇原などの
名の知れた選手も先発だが、他は良く知らないメンバー。


Img_1069
台風の影響で、充分水含みだと思うけど散水するの?


Img_1072
よくわからない政党が議席取ったため、話題のNHKが共催。

でも、99年最後、山本アナの実況は良かった・・・

いまでは、F・マリノスのFの意味を分からないサポも多いようですがね。

Img_1080
思い切って大内君に経験積ませるのもありだったと思う。
自分としては、辻への信頼感は高くない。

一失点目は、防いでほしかった。

Img_1091
最近のゴール裏は、以前よりは雰囲気がだいぶ良くなった。
⇒と思ったら、またやらかしたのか、見苦しい人間はサポじゃない。
 永久出禁等の厳しい対処すべき。


普段のリーグ戦でも、この雰囲気を作らないといけないのに。


Img_1098
Img_1099
月と、俊輔のCKが重なる。


Img_1105
リーグ戦途中出場から3試合、フル出場した俊輔。

少しづつ状態は上がっているようです。
視野の広さとパスの精度(特に浮き球のパス)はさすが。


62分まで引っ張られた自虐タイムが終わり、
コウキが登場すると、ようやく試合が始まり
早速、コウキのボール保持からのスルーパスに
完璧なタイミングで裏を取ったコロスケのゴールで一点差。


さらにイバ、健吾を投入して攻めにかかるも
いかんせん自虐タイムが長すぎた。
ある意味、リーグ戦に集中するための予定調和だったかも。


いい加減、ぼろ雑巾のNo11は引退してください。
お願い申し上げます。



2019年8月11日 (日)

明治安田生命 J2リーグ 第27節 横浜FC vs 水戸ホーリーホック

Img_1028
個人的には、明日から夏休み。
午後半休で、三ッ沢へ。8連勝を見届けるため。


Img_1017
勝ち点44で並ぶ、J2で、そしてJFLからの長き
闘いの間柄。水戸からも多くのサポが来場。


Img_1024
Img_1041
目指すところは、2位以内での自動昇格。



Img_1043
神奈川区民デーに、 今シーズン2番目に多い
10,586人の入場者。


Img_1048
神奈川区のキャラ かめ太郎



Img_1057
90分間、上位対決にふさわしい
緊張感のあるインテンシティのたかい試合でした。

後半のイバのバーをたたいたシュート、その流れから
武田のクロスからコウキのヘッド。

追加タイムのセットプレーから中村俊輔のFKを
田代がヘッドもGK正面などの決定機もあったが


逆に、今日はあまり出来のよくなかったキャラのミスから
あわや無人のゴールにシュート・・・が枠をそれたシーンも
あり、ドローは妥当な結果だっだかも。


この勝ち点1を生かすには、沖縄での勝利しかない。

このまま無敗記録を続けるしかない、
頑張れ、横浜。

あと、天皇杯はもちろん参戦しますが
相手を気にせず、気楽にいこうかと思います。
大事なのはリーグ戦、おそらく普段出ていない選手が
出場するはず。

トッシーに期待!!


2019年8月 1日 (木)

明治安田生命 J2リーグ 第25節 横浜FC vs レノファ山口FC

Dsc_0005




Dsc_0010




Dscpdc_0003_burst20190731212623023_cover




Dsc_0013


 

2019年7月30日 (火)

明治安田生命 J2リーグ 第24節 ジェフユナイテッド千葉 vs 横浜FC

DAZN観戦


栃木戦でも触れた後半の得点比率の高さ


実況の人も話してましたが、この試合も


絵に描いたような逆転勝利。


これだけ逆転が多いシーズンも横浜史上でも


ないのかな?


5連勝しても、自動昇格圏内ま勝ち点差8は縮まらず。


3シーズンぶりの松井大輔の2ゴール。


とくに2点目のバイシクルは、ゴラッソだった。


そして無双が続くレアンドロの直接FKの3点目。


他方で前半の早い時間での失点は、防げたはず。


雄太のTwitterにもあったが、前半戦で失った勝ち点ゆえに


勝ち続けないと昇格は、届かない現状。


ミッドウィークのホーム山口戦。


勝つしか道は開けない。



«味の素スタジアム