« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月26日 (火)

ヤマハスタジアム

Dsc_0222

2014年3月訪問。

2013年にサイドスタンド(現:ホーム側)中心に改修が行われ
それ以前は、簡素なアウェイ側スタンドがありスペースも手狭だった。
この改修により上段部分が屋根付きの一層式スタンドとなり
ホームゴール裏スタンドとなった。

この方法は、日立台も同じですね。

Dsc_0223

自然の河岸段丘の傾斜を利用したバックスタンド。
入り口は、最上段にありピッチに向かって下りながら入場する
珍しい構造。

Dsc_0220

メインスタンドは、屋根付きだか前列は雨の降り方によっては
中段手前くらいは濡れそうな感じですね。

Dsc_0218

アウェイサイドからホームサイドスタンドを望む。

Dsc_0219_2

ジュビロが黄金時代だった90年代後半は、ホーム側だった
現アウェイサイドスタンド。

俯瞰できるちょうど良い高さです。ただしビジョンが見辛く
時間経過が分かりにくいのが難点(フクアリと同じ)。

Dsc_0221_2

スタジアム周辺に、試合観戦用の駐車場が用意されるので早くいける人は
車OKです。

ただしスタジアム周辺は、ファミレス等がなく
イオン系のスーパーを含むショッピングセンターがありますが
飲食店がなく、試合前や試合後に食事する場所はありません。

車以外のアクセス方法は、ジュビロ磐田公式で確認してください。


2016年7月25日 (月)

2016明治安田生命J2リーグ第25節 横浜FC vs ギラヴァンツ北九州戦

Dsc_1117

試合前、クラブスタッフのイベント告知ポスターで

津田はメンバー外(ケガ?サイン会要員だったので)と判明。

いやな予感・・・


Dsc_1119


F!メールで、先発メンバーは11人だったので
ホッとするも、サブをみたらいやな予感。

それは的中するのだが・・・

Dsc_1124

Dsc_1130

試合はと言えば、ボールは回すものの

最後のところの創造性不足と思いっきりの悪さで

そうこうしているうちに、先に失点think

当面の降格争いで、現時点で下の順位の北九州に対し

勝ち点3が必須にもかかわらず。

先制された試合で今シーズンは、一度も勝ち点3がない横浜。


後半、イバの落としから謙介のアウトにかけたコントロールミドルで
同点に追いつき、さらに完全復活!の野崎が惜しいシーンを連発し
逆転の雰囲気が出てきたのに

イバOUT永拓IN
これは連戦のイバの疲れを考慮で理解出来るが

お上の指示か?の
絶好調!野崎OUT、存在感うすい11INで

マジかよ?勝つ気あるの??の交代。
観客数も3千人すら大幅に下回る2,644人
いまや11の出場を喜ぶのは、マスコミだけ。

ここから流れは、北九州へ流れ始め

ジャンボのこれ以上ないヘッド落としのお膳立てを
相手のDFかと思わせる11ヘディングのクリアで
苦笑いするしかない訳で。

挙句の果ての追加タイムの失点。

おそらくは、11のために出場機会を減らさざろう得ない
永拓が意地のダイビングヘッドでぎりぎり追いつく。

しかし勝ち点2を自ら失う2枚目の交代カードで

後味悪すぎ。

しかも降格ラインも勝ち点5となりマイナス1

最悪な11だよ。マジで引退してくれ、今すぐに。
もう限界だと気付いてるだろう?


2016年7月21日 (木)

明治安田生命 J2リーグ第24節 vs ファジアーノ岡山

最後、楠元投入した時は


守りに入りすぎで


ヒヤヒヤしたが


結果として勝ち点3


良かったです。


11人がよく走っていたしね~


11人が!


もっと降格圏から脱出するため


三ツ沢で、よろしくお願いします。


自らハンデ抱えないでね。coldsweats01


2016年7月19日 (火)

明治安田生命 J2リーグ 第23節 vs ロアッソ熊本

スカパー録画で

一部しか見ていないので・・・・・

降格圏内から一歩でも遠ざかりたいが、

削られまくって

けが人が増える一方。

打つ手は、ひとつ。

11人でキックオフしようよ!




2016年7月11日 (月)

明治安田生命 J2リーグ第22節 vs 徳島ヴォルティス

Dsc_1100

ジャンボが交通事故を起こした件で

恐らくベンチ外である事は予測出来た。

その時点でまた、いつものメンバー入りが予想され

実際そのとおりだった。


Dsc_1109

11番の先発は想定内だったが

小野瀬の怪我での退場は、まったく想定外で
本人がすぐ×を出したことから、状態が心配だ。

小野瀬は、今年数多く得点に絡み
ほぼ小野瀬の得点貢献(タッチラインへの切込みから
マイナスクロス)で11番の得点をお膳立て
すらしているのだから痛すぎる。

Dsc_1114

そして後半2失点して完敗。

全体にパスミスがあまりにも多く

これで、更なる足枷があっては

どんな采配をしても勝てる可能性は低くなる。

いよいよ降格ラインまで

危機が迫っている。

11番とともに、J3へ

では洒落にもならない。


2016年7月 4日 (月)

2016 明治安田生命 J2リーグ 第21節 vs 北海道コンサドーレ札幌

今節で、2016シーズンも半分を消化。


一試合未消化で、暫定ではあるが


6位まで勝ち点11差


21位まで勝ち点5差


横浜の立ち位置は、明らかですね。


残留争いに、足を踏み入れないように


せめて三ツ沢では、後半勝ち試合を増やしてください。


その為にも、

キックオフから
11人で試合しようよ。


試合結果は、・・・・・・忘れましたbleah


« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »