« ようやく形が見え始めてきた! | トップページ | 寝耳に水?!プレーオフ??? »

2011年6月14日 (火)

ドライバーズレース・・・2011カナダGP

久しぶりにF-1の話題。

雨の中のレースは、過去にも幾度と無く

スペクタクルな展開になる事が多い。

もともとF-1は、自動車という道具を使って競うゆえに

ある程度、展開が予測できるのだが

雨という不規則要素が想像を超えたレース展開をもたらす。

2011カナダGPは、まさにこの展開に。

途中2時間以上のレース中断をはさみ

最初のスタートから約4時間後の70週目のファイナルラップで

若き2010ワールドチャンピオンのベッテルが

2009ワールドチャンピオンのバトンのプレッシャーに屈して

マシンをスライドさせるミスを犯し、

バトンが大逆転勝利を飾った。

われらが期待の小林 可夢偉

も一時は2位をキープし、もしや表彰台か?と

光る走りを魅せてくれた。

最終ラップのフィニッシュ直前にフェラーリのマッサにかわされての

7位だが、それでもザウバーのマシンポテンシャルを考えれば上出来だろう。

しかも6戦連続入賞だから。

Photo

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

« ようやく形が見え始めてきた! | トップページ | 寝耳に水?!プレーオフ??? »

F-1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562293/51938441

この記事へのトラックバック一覧です: ドライバーズレース・・・2011カナダGP:

« ようやく形が見え始めてきた! | トップページ | 寝耳に水?!プレーオフ??? »