行ったことのあるスタジアム<近畿地方>

無料ブログはココログ

« 韓国戦 | トップページ | 3年ぶりの等々力② »

2010年10月14日 (木)

3年ぶりの等々力

Ts3i0034

いかないつもりだった等々力に、気づいたら会社から向かっていました

等々力は、ほんとに見づらい・・・・1階席

2階席中央の指定席以外クローズの為、やむなく1階席にて観戦。この位置だと横国並に見辛いですね。

Ts3i0036

そんな訳で、ゴール裏の最上段で立ち見する事に。まさか120分続くとは予想できなかったが・・・

結果は、後半37分にクッキーのGOAL!

で1-0とするも後半43分、CKをジュニーニョにボレーされ追いつかれる。

90分で決着がつかず、延長へ。

延長後半10分に逆転されて、このまま終わるかと思った延長後半13分。

武岡のクロスをGKがはじいたところ、ナベがシュートを放ちネットを揺らす。

狂喜乱舞の横浜GOAL裏。

しかし、判定はオフサイドで同点ならず。正直、見づらくてオフサイドかどうかなんて分からなかったが、結局そのまま試合終了。元日国立の道は閉ざされた。

Ts3i0038

ぶれてますが、横浜を出迎え。

リーグ戦は中三日後のAWAY佐賀。

オフサイドの判定については家で録画しておいたビデオを見た。

審判の判定は、ナベがシュートを放った瞬間に川崎のゴールラインから二人目のGK相澤よりゴールラインよりにいたクッキーが川崎のゴールラインから一人目の前で視界をさえぎった、または足に当ててコースを変えたと見なされた為だろう。

実際、クッキーの足に当たったかどうかはビデオでもよく分からない。

視界は・・・さえぎっているかも。

20102011

20102011_3

オフサイドのルールで誤解されやすいのは、

競技者がボールおよび後方から二人目の相手競技者より相手競技者のゴールラインに近い。

という部分。自分も少し前まで一人目と勘違いしていました。しかし、通常後方から一人目はGKである場合が多く、その前のフィールドプレーヤー=二人目を一人目と勘違いしているのです。

今回、川崎GK相澤の後ろの川崎のフィールドプレーヤーが一人目、相澤が二人目となる為、その間にいたクッキーはオフサイドポジションにいた事になる。

あとは、ボールに触れた、触れていなくても干渉(視界をさえぎる等)したか、そのポジションにいることで利益を得たかのいずれか1点を満たしたかが判断材料となり、副審はオフサイドと判定し、主審もそれを採用したのです。

横浜としては、残念な結果ですが・・・・・

AWAY鳥栖/佐賀に切り替えるしかありません。残り9試合全勝して、この天皇杯3回戦がよい練習試合だったと言えるように!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

« 韓国戦 | トップページ | 3年ぶりの等々力② »

横浜FC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりの等々力:

« 韓国戦 | トップページ | 3年ぶりの等々力② »