« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

あああ・・・・

ああああああ・・・・・・

PK戦になってしまった時点で、運に結果をゆだねるしかなくなった。

延長戦終了までに、1点を取りに行くべきだった。

リスクをかける事が出来なかった。

次は、Jで。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月29日 (火)

GOODBYE 東戸塚

本日より一足先に、クラブ事務所は移転。その東戸塚へ行って来た。

2010628_005

すでに、横浜のエンブレムのはずされたクラブハウス。引越し作業は、継続中の様子。

2010628_003

入り口の表札は、まだ残っています。

2010628_001

9時40分頃に到着。グランドでは、ミーティング中。

2010628_007

見学エリアへ移動。ミーティングは続いていた。芝田コーチのでかい声で、ここまで聞こえた内容だと、2日間のOFF明けなので一気にペースを上げすぎないように、声出していい雰囲気でやろう。という事だった。

2010628_010

選手が2班に分かれて、グランド10周ランニングからスタート!(芝田コーチから、ペース上げすぎないように盛んに指示が出ていた。)

2010628_011

オフィシャルに出ていたとおり、カイオ選手も早速合流していた。日系3世だからなのか、セレッソ時代の義理堅い性格を現すエピソードもあり。 

2010628_013

ハーフコートでのタッチ数制限のミニゲーム。

2010628_014

最後は、ふたたび走る、走る

2010628_015

後半のキーマンになるだろうカイオ&ホベルト。ランニング中、ホベルトはキングカズとたぶんポルトガル語で会話してました。

2010628_016

横浜フリューゲルス、空白期間を経て、横浜FCが使用した東戸塚。

いろいろな想いとともに、このグランドとは・・・お別れです。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月28日 (月)

最後の東戸塚へ

日月休みの為、きょうは休日。

朝から東戸塚へ向かうつもり。

いろいろ想いのつまった練習場(空白の9年間を除く)。

カイオのお披露目もあるかな?

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月27日 (日)

J:COM TV My style 地デジ・BSパック 切替工事

ワールドカップ開催中で、すっかり飛んでしまったが・・・・

二週間前の6/14に、J:COM TV My style 地デジ・BSパック 切替工事をしてもらった。

以前に旧地デジパック工事を行ったときはセットトップボックスを交換したが、今回は設定の変更だけで実質30分ほどで作業完了。

これにより、旧地デジパックでは利用不可になっていた

J:COM オン デマンド

インタラクTV

が復活。とはいえそれほど映画好きでもないので、オンデマンドは実際利用するかわからないけど・・・インタラクTVは地デジのデータ放送と一部内容がかぶるけど、まあパソコン起動しなくても簡易ネットに接続した感じで、以前も利用していたし、それなりに便利。

今回も工事業者も手際よく、丁寧な応対で好印象でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月26日 (土)

カイオきた~

去年の12月以降、横浜のフロントの動きの素早さと決断力については、少しびっくりさせられる。

2009年シーズン、石のように固まっていたのに・・・

ニッカン等ではネットですでに話が出ていましたが、来ましたね。

カイオ選手、仮契約

日本ですでに、実績を残している選手。年齢的にも、獲得にかかる費用対効果の面でもよさそう。

記憶に新しいところでは、09年国立で横浜から先制点を奪っています。

あまり思い出したくはないがリンクこちら

東戸塚は、いろいろ思い出深いし思い入れもあるが、こと費用面では高コストだった事は否めず。西谷への移転で、強化にまわせる資金が増えたのだろう。

カイオの獲得のこともあり、シルビーニョは退団。ホベルトがすぐにフィットしたのに対して、走りきる岸野スタイルにマッチできなかったかもしれない。

サーレス、シルビーニョともにわずかな期間での決断だが、あくまでプロフェッショナルの世界。厳しいかも知れないが、上を目指すためと理解できる。

日本代表もW杯直前から生まれ変わったように、横浜も中断後から突っ走ると信じるよ

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月25日 (金)

本田!ヤット!!岡崎!!!

直接フリーキックがほとんどなかった南アフリカW杯。

そこで

俺様、本田の無回転FK、GOOOOOAL

ヤットのポストを巻いてのGOOOOOAL

本田の突破、ヒールでGKをかわして岡崎流し込む

予選突破!!おめでとう!!!

そして次の伝説を作ろう!!!!!

あと審判、長谷部の手に当たったのは、ハンドじゃないよね

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月24日 (木)

前を向いて

携帯オフィシャルの社長コメントで、大黒選手との電話のやり取りに・・・

それにFC東京での初日の囲み取材で、岸野監督やキングカズから受けた影響についてのコメント。09年に三ツ沢でみた鬼とは別人・・・

“人は変る事が出来る”ってどこかで聞いたようなセリフ

だが、感傷に浸っていては前進できない。

町田ゼルビアと練習試合に 3本合計 3-2 で勝利。

前を向いていこう

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月23日 (水)

大黒将志

大黒選手の公式サイト→リンク

移籍の発表から一日がたった。

一月に大黒選手の移籍が発表されてわずか6ヵ月。しかし、期限付き移籍だし、当然J1からのオファーがあれば移籍を認める契約に違いないと。

だから、いつかこの日が来るとは思っていた。

横浜のサポだからガンバ時代の事は、TVの映像しか知らないし、得点能力は高いだろうが、当時一緒にやっていたフェルナンジーニョやアラウージョがいるからチャンスも多いのだろうと思っていた。

その後、グルノーブルやトリノではおそらく本人は納得の行く成績ではなかったし、傍目からみて日本人FWが海外なんてまだ無理、と思っていた。

結局、ヴェルディに移籍するにいたり、やはり戻ってきたの?くらいに自分は思っていた。

しかし、ヴェルデイがJ2降格した結果、横浜と対戦する事になり、はじめて2009年味スタAWAYで生で大黒選手を見た。

そのとき、恥ずかしい話だが、はじめて大黒選手の素晴らしさに気づかされた。敵チームだったけど。とにかく、ボールのないときの動き出しの質の高さに、素人ながら

これは凄いFWだ と。

しかし三ツ沢での因縁。絶対許さないと、そのときは思った。

そして2010年、まさかの大黒選手獲得。

過去のエントリーにも書いたが、自分は、今横浜に所属する選手=愛しの横浜の選手という考えなので、大黒選手も横浜に来た以上、愛しの選手となった。

この開幕3ヵ月、16試合で12得点、このなかで2回のハットトリック。期待にたがわぬ、まさにストライカーだった。そして、ピンチと見るや守備に奔走する姿、負けていても最後まで諦めない姿。監督より負けず嫌いだよね

だが、いつも思っていた。横浜には、J2には、居てはいけない選手だと。日本にいるならその舞台はJ1だと

大黒選手、J1の舞台で魅せてくれ。

そして、気が向いたら・・・横浜に戻ってきて。さようなら。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月22日 (火)

大黒も人事異動。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

大黒が期限付きで横浜に来たときから、ずっと恐れていた事が現実のものに・・・・・

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

人事異動

ワールドカップもグループステージが佳境へ。

ブラジルが手堅く2勝目。

ポルトガルが7得点大勝。

そんな中で、

片山のコンサ練習参加。

なんか分かりにくいけど、期限付き移籍が前提の練習参加なのか?そもそも宮古島キャンプに帯同されない時点で事実上の戦力外通告とも考えられなくもないが・・・。

もうひとつ

エネゴリ君のFC琉球への期限付き移籍。

正直、片道切符の可能性が非常に高い。JFLで意地を見せられるのか?

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月21日 (月)

宮古島キャンプ

ワールドカップも気になるが、

やはり横浜の事が最重要なわけで。

宮古島キャンプ。

現地の皆様の温かいもてなしもあり、充実のトレーニングができた模様。

今回、宮古島の位置がほとんど台湾と変らない緯度だって、初めて知りました

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月20日 (日)

スナイデルはゴールを決め、岡崎は決めきれなかった。

残念だし、悔しいけどこの差は大きい。

スナイデルのシュートもダイレクトボレー。無回転気味のシュートは、川島の手を半分はずし

ネットへ吸い込まれた。

オランダは、全体としてコンディション調整がうまくなかったのか、動きが少なかった。

ドローに持ち込むチャンスはあったが・・・・

切り替えて、体調を整えて、デンマークとの決戦。

闘え

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月19日 (土)

いよいよ、オランダ戦

いよいよ、オランダ戦。

セルビアがドイツを破った。今回、前評判どおりの結果に繋がらない試合はいくつもある。

試合会場のダーバンは、高地の立地の多い南アのスタジアムのなかで、海岸線に面していて、標高も低い。

さて、体調管理はどうか?

オランダより効率的に走れるか?

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月18日 (金)

メッシ!メッシ!!

アルゼンチン、韓国を圧倒。

GOALは、イグアインのハットトリックが目立つ(当たり前だよね、今大会初だし)。

が、アルゼンチンの攻撃の中心は、やはりメッシだね。

韓国としては、前半終了間際にアルゼンチンセンターバック陣の緩慢なプレーから1点返して、まだ出来るって思ってしまったことだろう。

むしろ2-0で後半に入れば、それ以上失点していなかったかもしれない。

その後、ギリシヤがナイジェリアに勝利したことによりB組は4チームすべてに勝ち抜けの可能性を残す事に。

そして日本代表は、オランダ戦まで後2日!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月17日 (木)

スペイン、スイスの堅守+一発に敗れる

インテルがバルサを守備に徹して、破ったのと似ているようで似ていないが・・・・

W杯とは、ほんとに難しい大会。

スカパー!でオシムさんがスペインのコンディション、特に精神的な部分を指摘したのには

視点が面白いと感じた。

まさにオシム語録的。

日本だってオランダに前評判では、負けているかのようだし、自分も可能性は低いとは思うが、まだ負けたわけじゃない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月16日 (水)

一致団結

監督が岡ちゃん(日本人)という事もあり、

正直、試合以前にチームとして崩壊していた(らしい)2006年の代表との違い。

対カメルーン戦の国家斉唱のとき、先発メンバー11人が肩を組んでいた姿を見て

これは2006年とは違うのかも・・・結果も。と思った。

ではポルトガル対コートジボアール生放送中

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月15日 (火)

ワールドカップAWAY初勝利!!

1-0、カメルーンに勝利。

俺様、本田がほんとに数少ないチャンスをものにしてくれました

しかし、予選リーグ突破の為にはあと勝ち点3が必要になると思う。

それにしても3戦全敗という予想を、まずはよい意味で覆してくれました。

カメルーンは、エトーにゲームの組み立てをさせざろう得なかった。これが日本にとっていい方向に働いた。

ただ残り20分は、守り一辺倒になってしまいヒヤヒヤでしたが・・

しかし素晴らしい勝ち点3であることに変りはない。

フットボールは、チャンスの数・支配率・シュートの数を競うのではない。

GOALの数を競うゲームだから。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月14日 (月)

カナダGP

トルコに続いて、マクラーレン1-2!

レッドブルからマクラーレンへ風が流れてきているのだろうか?

カナダはお客さんが多くて、やはり空席の多いGPより観客席が埋まっていると雰囲気も違う。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月13日 (日)

アルゼンチンのメッシ

なんだかんだ言っても、やっぱり見てますね

メッシは、徐々によくなって行くんじゃないかって期待出来そうですね。

韓国がギリシャに完勝。次はアルゼンチンと対戦。

日本は、初戦に勝たないと厳しいだろう。自国以外では、6戦やってまだ勝ち点3をとったことがない訳で。

決戦まで、あと2日。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月12日 (土)

ワールドカップ開幕戦

NHKでの解説、現地の福西崇史、ゲスト中田英寿。

試合終了後に二人並んで出演。

そして日本居残りの宮本恒靖。

2006年ワールドカップでピッチにいた3人ですね。なんか時の流れを感じるな~。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月11日 (金)

いよいよ、ワールドカップ開幕!

日本代表は・・・・まあ力まずに見守りましょう。

先ほどまで、懐かしの2002大会の日本VSチュニジア戦をスカパー!で見てました。

実は日本代表過去のべスト監督は、トルシエなのかも

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月10日 (木)

総選挙

総選挙っていっても、来月にあるだろう参議院の選挙ではなくて・・・

AKB48の総選挙

これって要は人気投票なんだよね?AKB48にあまり詳しくないのでスポーツ新聞とかでしか知らないんだけど。

なんでも不動の一番人気だった前田敦子が二番人気の大島優子に、90分+1とか+2とかに逆転ゴーーール!されたような話らしい。

なんだかアイドルの世界もきっと裏では“口も利かない”とか“どっかの政党みたいに小○Gだの菅Gだの半小○派だの”あるのかしらね~。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月 9日 (水)

長崎県立総合運動公園陸上競技場が改修!スタジアムガイド番外編

JFLの現在状況をチェックする為、JFLのホームページを見ていて

(町田3連敗なの?来年のJ2昇格クラブは、鳥取と町田と予想しているが・・・)

自分の出身地、長崎は今年も苦戦か~と思いつつ、いろいろ検索していたら

県立総合運動公園新陸上競技場(仮称)
整備の基本設計がまとまりました!

リンクはこちら

http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/~toshi/jigyou/kokutai/kihonsekkei/kihonsekkei.htm

以前、鳥栖戦で横浜も試合を行った長崎県諫早市にある長崎県立総合運動公園陸上競技場。かつては横浜フリューゲルスも試合を開催したことがある。

鳥栖戦には自分も観戦して、妙になだらかなバックスタンドが印象的だったが、この基本設計を見る限り、なかなか立派な陸上競技場になりそう。とくに、全周屋根で覆う事とあえて2階建スタンドとしてピッチとの距離感を大事にする考え方は好印象。

そういう意味では、相模原市も見習って欲しかったけど・・・手遅れだな

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月 8日 (火)

バラが見ごろの相模原北公園

Ts3i0048

日曜日、近所の相模原北公園へ。バラが見ごろを迎えてました。

Ts3i0049

そのせいか、駐車場も車で満車状態。体育館側の駐車場で、タイミングよく出庫する車がいて何とか、駐車できた。

Ts3i0050

写真撮っている方も多数。ちゃんとデジカメもって行くべきだった。

Ts3i0046

規模は小さいですが、菖蒲園も来週あたりが見ごろか?

アジサイフェアも開かれる6/12、13はさらに来場者多いでしょうね・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月 7日 (月)

昨日のタイトル

あんなタイトルにしておきながら

西田剛~る!

リンクはこちら

いよいよ覚醒しはじめた 新 ハマのストライカー

中断後もよろしくです。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月 6日 (日)

西田剛~っる!

次節が試合なしの為、一足早く中断期間に入る横浜にとって勝ち点3を確保して、よい気分で予定されている宮古島キャンプへ向いたい。

試合開始時刻13:00というのは、ナイター設備を持たない会場での試合も多いJFLのような条件。予報では雨も心配されたし、実際朝から曇り気味な道をいつものように相模原から保土ヶ谷バイパス~横浜新道経由で三ツ沢の丘へ到着。

先行入場で、これまた我が家の指定席11ゲートと12ゲート間の最上段席につくと、やはり空模様は怪しくてひんやりした風も吹いていたのだが・・・ピッチ練習が始まる頃から徐々に雲が取れ始め、スタメン発表ころにはこれは焼けるっていう感じの日差しが

サブ入り初の橋村君、これからが勝負。さらに鍛錬して出場目指せ!

気温が高くなる中、この時間のキックオフではよい成績が残せていない不安も・・・。実際、前半は意識して足の速いパスをピッチを広く使って左右に回していたのかもしれない。自分達が走るのではなく、相手岐阜を走らせるためのポゼッションに見えた。

それでも徐々に横浜がホベルトを中心に縦へボールを入れるようになると、前半30分過ぎに柳沢のクロスから大黒のヘディングシューーートGOOOOAL

スカパー!録画を何回かスローで再生してみたが、

①まず相手DFの背後のポジショニング ②柳沢がクロスを放つ瞬間から動き出している、おそらく自分とDFの前にクロスが到達する事を予測または期待してなんだろうが、それがゆえにDFより一歩早くジャンプしてボールへヘッドできる

のだろう。いずれにしても、素晴らしいゴーーール。

そして後半にもふたたび柳沢のクロスから大黒の背後で西田剛~る

2-0とリードを奪い、あとは危なげなく勝ちきる・・・ことがまだ出来ていないのが今の未完成な横浜。後半25分過ぎから熱さもあってか完全に足が止まってしまう。

とくにオフサイド判定に助けられたが、危うい場面が何度も訪れてヒヤヒヤさせてくれるなあ~(スカパー!録画で見たが、オフサイドはなかったと思う

基本は攻撃的戦術を取っているので、ある程度のリスクは止む得ないが昇格を争う上位3チームとの差はまだまだある。このインターバルでどこまで修正できるか?いずれにしても中断後の残り20試合、全勝して到達する最大勝ち点は79点。昇格に届いたとしたら奇跡だろう。

まずは、再開初戦の柏戦。絶対、勝つしかないだろー

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月 5日 (土)

中断前の三ツ沢岐阜戦

思うように勝ち点が積みあがらないまま、この試合まで来てしまった。

3月頃の予想(夢想?)では、この時点で昇格圏内をキープして中断期間に入り・・・

中断明けの大一番、柏戦に挑む・・・筈だったのだが

とにかく勝ち点3を可能な限り積み上げていくしかない。

代表の方は

・・・・ドログバを骨折に追いやってしまい、ただ自信をなくすだけの強化試合というより

弱化試合だな~

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月 4日 (金)

J:COM TV My style 地デジ・BSパック

昨日、カスタマーセンターへ電話をしたところ

予想通り、設定工事が必要とのこと。たぶん、セットトップボックスの設定変更するだろう。

4日以内に、工事の日程の件を連絡してくれるらしい。

ちなみに、J:COMのホームページをよく見ると

地デジ・BSデジパックから新プランへの変更は、工事費¥3,150-が必要。カスタマーセンターのオペレータも同じこと言っていた。

まずは、連絡を待つことにしよう。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月 3日 (木)

2002.6.9

今、スカパー!で日本代表W杯初勝利の試合、VSロシア(横国)やっている・・・

チケットなんて手に入れる事すら出来ない。

横浜のとある公民館でパブリックビューイングしてたなあ

稲本の得点が決まったとき、オフサイド?と思いながらも得点が認められて全然知らない人と抱き合って喜んでたな。

今の代表の試合を見ても、そこまで熱くなれるかな

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月 2日 (水)

「J:COM TV My style」

久しぶりに、J:COMの話題。

2010年6月1日から新サービスが・・・

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者:森泉 知行)は6月1日より、地上デジタル放送・BSデジタル放送とJ:COM NETやJ:COM PHONEなどの通信サービスをパッケージした「地デジ・BSパック」とビデオオンデマンド(VOD)サービス「J:COM オン デマンド」を組み合わせた「J:COM TV My style 地デジ・BSパック」の提供を開始します。地デジ・BSパックをご利用のお客さまはご家庭のテレビで、映画やドラマ、アニメなど約25,000タイトルの多彩な番組を、お好きな時間に楽しんでいただけるようになります

リンクはこちら

すでに「地デジ・BSパックNET160M+PHONE コース」の我が家でも、すぐに見られるのかと思ったが、もともと双方向サービスを切っているのだから、やはりダメ。

このリリースには、既存ユーザーは工事が必要になるとは書いていないが、おそらく工事というかセットトップボックスの設定変更が必要なんだろう。

明日にでも、カスタマーセンターに電話するかな?(これってなかなか電話繋がらないんだけどね・・・

あと、すでに春から「お得プラン160」っていうのもあって、こちらは9,500円でJCOM TVデジタルになるもの。現状の7,880円にあと 1,620円追加すればよくて、結構魅力的だが、惜しいのがフジテレビONE+TWOは基本チャンネル化されたんだけど、肝心のNEXTはオプションのまま。なにせNEXTでF-1を見ているからね。

もし、この値段でNEXTが基本チャンネル化されたらスカパー!で見ているフジテレビONE+TWO+NEXT料金は1,365円(J2ライブとのセット割引210円あり)だから、「お得プラン160」もありなんだけど、惜しいね。NEXTも基本チャンネルにしてくれ~JCOM。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

2010年6月 1日 (火)

スカパー!録画で

スカパー!録画を通しで見た。

やはり、大黒選手は素晴らしいFWだ。

なぜ岡田監督は、選ばないのだろう。ルール的には、まだ入れ替え可能なはず。

岡崎をFWの中心にすえて、W杯を闘うようだが・・・・

まあ、代表はとにかく頑張ってくれ。

・・・来年も横浜にいてほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »