行ったことのあるスタジアム<近畿地方>

無料ブログはココログ

« サッカーマガジン | トップページ | 電車通勤 »

2010年4月10日 (土)

相模原麻溝公園競技場(スタジアムガイド第3弾)

相模原市で唯一の400mトラック=日本陸上競技連盟2種公認の陸上競技場。

P1010650   

造成時に土砂に有害物質があり、土壌改良を行うなど紆余曲折をへて

2007年4月にフィールドとトラックが暫定オープン。

2009年にメインスタンド、サイドスタンド(いわゆる両ゴール裏)が完成。

P1010637_2

メインスタンドは、約2,800人収容ですべて背もたれ付き個席+身障者席40席。上の写真のとおり屋根はあるが、上部1/3は雨を防げる程度、なぜか日本のスタンドの屋根はみな実用性が低いのだろうか?

P1010641

2010年3月頃に完成予定の電光掲示板(オーロラビジョンなのかは不明、2010年1月現在基礎工事中)

<2010年4月27日追記>

Ts3i0029

完成した電光掲示板。撮影した4/25は一般貸切の為、稼動していない状況。ただ1月に工事中の看板には工費が約2億円ちょっとだったので、動画再生が出来るかどうか不明。またカラー表示かも不明。近いうちに確認します。

<2010年4月28日追記>

Photo

実は、4/25午前中に神奈川県リーグ1部 SC相模原 対 六浦FC の試合があり、その際に初めて電光掲示板が使用された模様。SC相模原のホームページに上記写真がありました。カラー表示でしたが動画再生可かどうかは分からず。

Ts3i0027

工事中のバックスタンドより電光掲示板を望む。

Ts3i0028

メインスタンド正面入り口。

P1010647

バックスタンドは2011年3月頃までに完成予定で、やはり工事中。小規模な仮設スタンドが設置されている。

P1010653

ゴール裏は、なだらかな傾斜の芝生席。日向ぼっこにはいいが・・・サッカー観戦には不向き。改修前の甲府のホーム=小瀬を思わせる。サイドスタンドはそれぞれ4,000人程度の収容人数。

バックスタンドは3500席程度の規模が予定されており、すべて完成すると約15,000人の収容規模となる。また、2011年以降に照明の設置も予定されており、J2規格は満たす事が想定される。

相模原市には、県リーグ1部所属 SC相模原がある。県リーグ所属として史上初のJリーグ準加盟申請中で2010年2月理事会で承認されれば、飛び級でJFL加盟もあるかもしれない。ここをホームグランドとする模様。→2010.2.16準加盟承認

アクセスは、車の場合、相模原麻溝公園(県立と市立が併設)の駐車場が利用できる。競技場内にも駐車場があるが、イベント開催時は関係者用となる可能性が高い。また公園の駐車場は、県立・市立あわせて約40ヘクタールと広大な敷地内の各所にあり、競技場に近い駐車場なら徒歩1、2分だが県立の駐車場(土日有料)に停めると5~10分程度歩く。市立駐車場は無料。

公共交通機関は、神奈川中央交通バス利用。小田急線相模大野駅から女子美大行きで所用時間は20~30分。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
にほんブログ村

« サッカーマガジン | トップページ | 電車通勤 »

スタジアムガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模原麻溝公園競技場(スタジアムガイド第3弾):

« サッカーマガジン | トップページ | 電車通勤 »