« Gatewayのサポート体制 | トップページ | 年チケ到着 »

2010年2月17日 (水)

SC相模原、J準加盟承認

県リーグ所属にもかかわらず、準加盟承認されました。

さがみはらサッカーフェスタ2010の開催時、加山相模原市長をはじめ、相模原関連の国会議員、県議、市議の来賓も多数。

地元自治体のバックアップがJリーグでも評価されたのでしょうか。しかし、市民への浸透度はまだまだだろうし、所謂ゴール裏のサポの数が想像していたより小規模だったのは気になるところ。

Jリーグが毎年実施している観戦者調査報告をみると分かるが、相模原市在住者は自分を含めてすでに既存の神奈川県内のJクラブのサポである場合が多い。いかに70万人超の人口、4月より政令市へ移行するとはいえ、神奈川県5番目のJクラブへの道のりは容易ではなさそう。

なによりJ準加盟=J2昇格の可能性を持ったのだが、約束されているわけではなく、ホームスタジアムになるであろう相模原麻溝公園競技場は、まだ建設途上にあり、この器が完成した後には具=観客動員というハードルが待っている。(横浜もこれが泣き所な訳で・・・

さがみはらサッカーフェスタ2010の動員7800人は、名波や藤田らがいたからこそ。

去年の時点では、いつかJ2の舞台でAWAYサポとして相模原麻溝公園競技場に乗り込むのかなあ~と漫然と思っていたが、年末からいままでの横浜の昇格への本気度の為、すっかり来年はJ1の意気込み(早いかな)なので、実現はないかな

« Gatewayのサポート体制 | トップページ | 年チケ到着 »

国内サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SC相模原、J準加盟承認:

« Gatewayのサポート体制 | トップページ | 年チケ到着 »