行ったことのあるスタジアム<近畿地方>

無料ブログはココログ

« ジャンカルロ・フィジケラ | トップページ | VS水戸戦 »

2009年9月 6日 (日)

VSオランダ戦(FCトゥヴェンテ・スタディオン

残念ながら、前半の途中の段階で、最終結果が見えていた・・・・

テレ朝の前半終了時点で、「互角の戦い」的な字幕がでていたが、もちろん煽るためとは言え、明らかに70パーセント程度のオランダに対し、日本は100パーセントの運動量でそれなりに攻めさせられていた。この段階でいくつか放ったシュートもほとんどが枠外では。2列目までは自由にさせて頂いてもこの内容。オランダ・ファンマルワイク代表監督にも「脅威は感じなかった」と言われたし、実際、そうだった。前半、スタミナの切れていない間に1点取れれば、少しは本気になってもらえたのだろうが、ダメだった。

後半15分過ぎから、パッタリ足が止まった日本に対し、オランダが個の力だけで攻め始めると23分からわずか5分で2失点。シュートシーンも全開で攻めてきたと言うより、個人の練習的なシュートがきっちりGKの正面ではない枠内に放たれる。これが世界トップ10の力。

前半から全力をかけた日本。この運動量を最後90分まで続ける・・・というのは無理がある。はっきり言えば、シュートが下手。2010年、世界は日本に・・・・たぶん驚くことなく・・・存在も気づかれないで、終わってしまうのだろうか?

(ちなみにTVの解説が聞こえないように、音はめちゃ絞っていたのは、言うまでもない┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~。)

« ジャンカルロ・フィジケラ | トップページ | VS水戸戦 »

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VSオランダ戦(FCトゥヴェンテ・スタディオン:

« ジャンカルロ・フィジケラ | トップページ | VS水戸戦 »