行ったことのあるスタジアム<近畿地方>

無料ブログはココログ

« VSオランダ戦(FCトゥヴェンテ・スタディオン | トップページ | JCOM 地デジパック工事編① »

2009年9月 7日 (月)

VS水戸戦

勝てる試合を自滅して勝ち点2を失う。

安~池元でGKと1対1を外した。自分のまわりの観客も皆、ゴールを確信して池元がシュートした時点で立ち上がってガッツポーズの準備したのに・・・・がポストの横すり抜けると、大きなため息に変わった。その後も横浜がゲームをほぼ支配しながら0―0で前半終了。この時点で誰もが抱く嫌な予感。

その予感は(場内の時計が壊れて43分を差し続けていた)後半終了間際に・・・・中盤でを失うと横浜の右サイドにパスを通されて、遅れて八角がチェックに行く。心の中で、相手が切り返すから飛びこんだらダメだ~って叫んだけど、飛びこんでしまい、かわされる。十分に中を見てクロスを入れられ、荒田にヘッドを叩きこまれる。

しかし今の横浜は、以前と違って三ツ沢では負けない。途中出場の中野が吉田クロスを西田が胸でパス~中央ペナ前から、まさにズドーンネットを揺らした。そして試合終了。まさに、今の連ドラタイトル、バスケで言うところのブザービートが決まる。

バックスタンドの自分のまわりは大きな拍手と一部中野コールで選手を出迎えたが、自分は小さな拍手だけにした。今シーズンの7月までの出来の悪さから言えば、内容は相当良くなっているが来年昇格を目指すなら、この程度は最低条件とも考えられる。やはりホームでドローは、負け同然(ちょっと厳しいけど)。

残り試合、横浜もっともっと上を目指せ

« VSオランダ戦(FCトゥヴェンテ・スタディオン | トップページ | JCOM 地デジパック工事編① »

横浜FC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VS水戸戦:

« VSオランダ戦(FCトゥヴェンテ・スタディオン | トップページ | JCOM 地デジパック工事編① »