行ったことのあるスタジアム<近畿地方>

無料ブログはココログ

« VS水戸戦 | トップページ | JCOM 地デジパック工事編② »

2009年9月 8日 (火)

JCOM 地デジパック工事編①

先週の日曜日、TVからCATV等をはずす+新たにJCOM PHONEへの切り替え工事を行った。工事の実質作業時間は、一時間ほどで完了。

①TVからCATV等をはずす

事前に営業担当からセットトップボックスを交換するかもしれないことは言われていたが、やはり交換した。しかし、交換したといってもパナソニックTZ-DCH1000というまったく同じ機種だった。CATV・ブラウザ等の機能をはずす為、デフォルト設定のほうが楽だからかな?セットトップボックスの初期設定をいろいろ行っていたが、すばやく作業していたので詳しいところは良く分からなかった。電話でセンター?ともやりとりをしてCSが契約外で映らない設定になった(リモコン操作説明CHなどは見られるらしい・・必要ないけど)。結果、セットトップボックスではBSデジタルのみの視聴となる(地デジももちろん見られる)。営業担当に聞いた話では、JCOMでBSデジタルをパススルーとしていないのは、一部で言われているように帯域が足りないといった技術的な問題ではなく、営業方針でパススルーにしていないだけようだ。

P1010418

地デジパックの販売も以前の記事に書いたとおり、あまり積極的でない。CSの再送信で約5千円は、割高感があるのに・・・。

我が家の場合、CSで見たい番組はピンポイントで決まっている。横浜の試合生中継、F-1の生中継、欧州サッカーなのでJCOMのようにオールラウンドな番組編成でないほうがよいわけだ。実際、見たい番組はスカパー!で視聴しているわけで、今まで通常のTVデジタル契約したのは単に地デジ対策だった訳。2006年サッカーW杯にあわせハイビジョン対応液晶TVとともにアナログ契約から移行したのだが、当時の工事担当者は地デジがパススルーで見られる説明がなく、全てセットトップボックス経由で視聴していた。恥ずかしながら配線も地デジアンテナ接続してパススルー視聴したのはつい最近の事。今回地デジパックにして電話契約が「抱き合わせ」だが、TVだけなら月額約5百円で地デジパススルー+BSデジタルが見られるようになった。これでBSデジタルもパススルーなら満足なんだが、営業担当曰く(客向けリップサービスかもしれないが)会社にはBSデジタルもパススルーを導入するように現場サイドで依頼しているらしい。光TVに対抗するには、必須だと思うので今後に期待することにする。

②JCOM PHONE工事 は次のエントリーにします。

« VS水戸戦 | トップページ | JCOM 地デジパック工事編② »

J:COM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JCOM 地デジパック工事編①:

« VS水戸戦 | トップページ | JCOM 地デジパック工事編② »