« 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選 | トップページ | ありがたい話 »

2009年6月18日 (木)

またケーヒルかよ

もしも現場にいたら

だな。前半いい時間帯で闘莉王がヘッドを見舞ったが・・・後半、豪州が攻めてくるのは分かりきっていたのに防げない。最後の攻めの精度の問題との選手コメントもあるようだが、06W杯同様のパワープレーになすすべがない。

日本代表には、C・ロナウドもルーニーもメッシもいない。あと1年、やった分だけ成果をだせるとしたら90分間相手に走り負けない持久力(短距離の瞬間的なダッシュ)をつけることじゃないか?今の日本代表選手は、アスリートとしてふさわしい走力(インターバル走)があるだろうか。よく言われる個の力で攻められないから集団で攻守の切り替えを早くし、数的優位な局面を作るには、無駄走りも厭わないほどの走力をつけるしかないのではないか。

あと1年、すべての日本代表選手は走力をつけるべき。

この力は決して選手を裏切ることはないはず。ボール奪取したら、怒涛のごとく何人も攻め上がる。逆にボールを失ったら、危険な場所をすばやく選手が埋めていく。

今日の試合の後半10~30分頃=つまり2失点した時間帯。あきらかに前掛りな豪州に一歩も二歩も走り負けていた。結果、コーナーキックにつながるようなクリアしかできず逆転弾を許してしまった。3年前と同じように・・。

繰り返しになるが、走力をつける練習には絶対裏切られないはず。これは代表だけでなく、横浜にも当てはまると思う。今年、春先の早い段階で東戸塚に練見に行った時、フィジカル中心の練習のなかで、グランド外周をランニングしていたが・・はっきり言ってジョギングレベルのペースだった。これでは90分走り負けない走力などつくはずもない。と、今にして思う。サッカー競技の場合、全力走→ゆっくり走る→全力走の繰り返しが45分→45分続くわけだから、これに見合う走力が必要だろう。

それにしても明日以降、メディアが、これじゃ4強入りなんて夢みたいな話的記事や○後あたりは岡田監督更迭すべきなどと言うと想像するだけで・・ぞっとするな。

« 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選 | トップページ | ありがたい話 »

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またケーヒルかよ:

« 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選 | トップページ | ありがたい話 »